クラウドワークスの評判!仕事をしていて悲しかった時は?

こんにちは、まおまおです!

実はクラウドワークスで仕事をし始めて6年ほどになる私。
6年の間にいろーーんなクライアントさんに出会いました。

実社会での人間関係に悩む人が多いように、もちろん文字だけの付き合いでも悩みは尽きません。

今回はクラウドワークスを始めてみたい!という初心者さんにも参考にしてもらいたい話をしていきます。
クラウドワークスで6年やってきて、悲しかった時を3つご紹介しますね。

第3位:手数料を引かれた時

クラウドワークスの評判の中でも賛否両論なのが手数料ですよね。
通常仕事を受けたら、契約金額から手数料として20%引かれます。

20%ですよ?結構高いんです。
1,000円の契約なら800円しかもらえないんですね…これは痛い!

でも手数料のかからない直接契約は、クラウドワークスではご法度。
まぁ先に仮払いしてあるので未払いが防げているという点に関しては、20%支払う価値はあるのかな?とも思います。

長く契約する場合は、クライアントに相談して「マイルストーン支払い」をしてもらうと良いでしょう。
マイルストーンであれば10回目以降の契約から手数料の20%→10%に減額されます。

もし長期契約なのに細々と依頼してくるクライアントがいたら、マイルストーン支払いを提案してみても良いかもしれません。

第2位:応募したのに返事が来なかった時

だいたいクラウドワークスで仕事を始めようと思ったら、数々の募集を見て応募をする…という形式が多いです。

実績数が上がってくるとクライアントからスカウトが来るようになり、特にこちらからアクションを起こさなくても仕事が舞い込んでくることも増えてきます。

私は結構積極的に売り込む方式で仕事をゲットしているのですが…応募したのに返事が来ないということは、ごくごく日常的にあるんです!!

だいたい10件の仕事に応募したとしたら…無事に返事が来るのは3〜4件といったところでしょうか。

ちなみに返事が来ない理由としては応募者が殺到して不合格者には連絡していない、またはクライアントの惰性が考えられます。

せっかく応募したのに返事すらもらえないと、やっぱ悲しい気持ちになりますよねぇ。

でも返事が来ないよりももっと悲しいのが、テンプレによるお断りメッセージが来た時です。笑
これは就職活動における「お祈り」と同じですね!
まぁきちんと返してくれるだけ、良いクライアントだと思いましょう。

そもそも不合格者には連絡すらよこさず無視するようなクライアントとは、この先も付き合いたくないですしね。

第1位:いきなり長期契約が終了した時

クラウドワークスで仕事している人にとって、長期契約は長期間の収入が見込めるので嬉しいですよね。
でも長期間の収入とはいえど、所詮水商売。
収入が確約されているわけではないのです。
ある日突然クライアントから、契約終了の連絡が来るなんてことはザラにあります。

私が今までクラウドワークスで働いてきてショックだったのは、2年くらいお世話になっていて毎月5〜6万稼いでいた仕事がいきなりなくなったことです。
10月半ばに友達と遊んでいたところに「10月末で契約を終了させていただきます」ってきたものだから、テンションだだ下がりです。笑
これって、11月から一気に5〜6万の収入減になるってことを意味しているんですよね。

一時は凹みましたが、凹んでいてもお金は増えない!とのことで一念発起。
自分の得意分野の仕事にとにかく片っ端から応募して、ライバルたちを蹴散らしながら採用されて仕事ゲットしてきました。
おかげさまで失った5〜6万の仕事が、今では8〜9万にアップ!
こなくそー!と起爆剤になったのが、逆に良い流れを作ってくれてよかったです。

クラウドワークスではいつクライアントから契約を切られるか分からないので、とにかく1人のクライアントにだけ仕事が偏るのはお勧めできません。
何人ものクライアントに、満遍なく仕事を与えてもらうのがリスクが少ないのです。

私は現在8人のクライアント様から仕事を請け負っていますが、たとえ1人ダメになったとしても十分他でカバーできる金額なんですね。

いくら稼げるからって、ずっと仕事ができると思ったら大間違いですよ!
「長期」と書かれているものの9割は1年程度のことを表していると考えておきましょう。

クラウドワークス評判!悲しかった時まとめ

クラウドワークスの評判として、悲しかった時のシチュエーションをまとめてきました。
ほぼ全てがクライアント関係なので、やはりネットの世界でもコミュ力は高めの方が信頼してもらいやすいです。
6年も続けていると、やっぱ一度や二度(ホントはもっとあるけど)は嫌な思いをすることもあります。
でも相手の顔は見えませんし、声も聞こえません。
だから実社会よりは、ストレスの度合いはそういう意味で少ないのかもしれません。

クラウドワークスの評判ネタはこれからも続けていきたいので、私の体験談も含めながらどんどん紹介していきますね!