赤ちゃんと一緒に使える入浴剤のベビタブ!口コミや特徴は?

我が家のもうすぐ3ヶ月の息子はお風呂が大好き!
でも割と肌が弱くて、色白だし湿疹ができやすいんですよね。

そしてそろそろ3ヶ月なので、今月半ばくらいから入浴剤デビューをさせようと思っています。
でも正直、どんな入浴剤が赤ちゃんにとって良いのか…迷ってしまっているのです。

またもうすぐ4歳になる娘も肌が弱くて、乾燥肌で敏感肌。
今回はそんな子どもたちに安心して使える、肌に優しくて品質の良い入浴剤についてご紹介します。



︎赤ちゃんの入浴で気になることは?

赤ちゃんの入浴で気になることといえば、やはり赤ちゃんが気持ちよくお風呂に入れているかどうかということです。

お湯の温度が熱いと赤ちゃんは体温が高めなので、なかなか長い時間はお風呂に入っていられません。
でもお湯の温度を下げると、今度は体が冷えて風邪をひいてしまわないか気になってしまうんですよね。

そこでぬるめのお湯でも湯冷めしにくく、体がポカポカ温まってくる入浴剤を入れることで赤ちゃんの入浴に関する不安が解消されます。

赤ちゃんのための入浴剤「ベビタブ」はそんな赤ちゃんと家族の気持ちの良いお風呂タイムを、たった3錠で提供してくれるのです。

赤ちゃんはもちろん家族も一緒に健康的な入浴方法を実践できるので、今口コミでも話題となっています。

︎赤ちゃんのための入浴剤「ベビタブ」の特徴

赤ちゃんと家族のための「ベビタブ」は、多くの人が気にする心配事をほとんどパスする、家族みんなに優しい入浴剤です。
では具体的にどのような特徴があるのか、主に4つご紹介していきます。

①肌に優しい無添加処方

ベビタブは赤ちゃんのデリケートな肌でも安心して入浴できるように
・香料
・着色料
・パラベン(防腐剤)
・アルコール
・界面活性剤
これらの化学物質は無添加となっています。

また赤ちゃんの肌に負担をかけないよう、pH値は中性で日本製の入浴剤なのです。
配合されている成分は、自然由来のものだけ。

これなら肌の弱い我が子たちも、安心してお風呂に入れてあげられそうだなと思いました。

意外と入浴剤って、タール系色素とかキツイ香料を使っていることも多いですからね…。
その点はベビタブなら心配なさそうです!

②石鹸もシャンプーも要らない
赤ちゃんの肌はデリケートですが、汗をかきやすいなど意外と体は汚れているものです。
でも赤ちゃんに使う洗浄剤のパワーが強すぎて、逆に肌に負担をかけていることもあるんですよね。

ベビタブを入れたお風呂に浸かれば、重曹やクエン酸などが含まれるため石鹸やシャンプーが必要ないんです。
そのため肌への摩擦でダメージを与えることもないため、なめらかでカサつくこともなく赤ちゃんの肌を守ることができます。

③お風呂の残留塩素を取り除く
赤ちゃんのお風呂というと、赤ちゃんの肌にのみ注目してしまって「お湯」に対しては何も意識しない人がほとんどです。

しかしお風呂のお湯には、実は残留塩素が含まれていて肌に負担をかけてしまうんです!
そんな肌に良くない成分を、ベビタブが素早く中性に変化させて無害にしてくれます。

赤ちゃんの肌は薄くてバリア機能も弱いため、大人では気にならない塩素などの刺激からもしっかり守ってあげたいですよね。

④無駄な香りがしない
最近「スメルハラスメント」や「香害」とも言われるくらい、人工的な強い香りによって具合が悪くなる人が増えています。

赤ちゃんにとっても、やはり人工的な強い香りの入浴剤は避けた方が良いのです。
ベビタブは赤ちゃんのための入浴剤なので、化学物質である香料は無添加になっています。

香りがあるからリラックスできるというのは、赤ちゃんには当てはまりません。
一度嗅覚もリセットして、赤ちゃん本来の香りを楽しみたいものです。

︎赤ちゃんの入浴剤「ベビタブ」の重炭酸入浴法とは?

赤ちゃんと家族のための入浴剤「ベビタブ」は、なんと炭酸泉の4倍もの炭酸ガスを含んでいます。
そのお風呂に入る「重炭酸入浴法」は、赤ちゃんにも家族にも良い作用があるのです。

①入浴後もずっとポカポカ!
重炭酸入浴法はぬるめのお湯に浸かっても、ずっとお風呂上がりの体がポカポカしているのが特徴です。
その理由は体を温めるというよりも、重炭酸入浴法により血行を促進しているからなんですね。

ぬるいお湯にすれば、赤ちゃんも長めの時間ゆっくりお風呂に浸かっていられます。
またポカポカが続くということは湯冷めをしにくく、冷えて風邪をひくということも少なくなるのです。

②高いリラックス作用がある!
重炭酸入浴法では、ぬるめのお湯に15〜20分浸かることを推奨されています。

赤ちゃんとのゆったりお風呂タイム、それは癒しの時間であり、またのんびり体の疲れを癒すには最適です。
リラックス作用によって自律神経のバランスが整い、ホルモンバランスも整って全身の調子が良くなっていきます。

特に産後しばらくは心身ともに疲れやすい時期でもあるので、お風呂でリラックスできるのはありがたいですね

︎赤ちゃんの入浴剤「ベビタブ」の口コミ

赤ちゃんと家族みんなで使えるベビタブですが、購入前に口コミをチェックしておきましょう。
実際にベビタブで赤ちゃんと入浴してみた人たちの意見を聞いて、イメージを膨らませておくと良いですね。

3ヶ月の赤ちゃんの ママ

親子で肌がなめらかな触り心地になるため、スキンシップも取りやすくて嬉しいです。
沐浴が終わって湯船に入れるようになりましたが、さら湯に入れるのは抵抗があってベビタブを入れてみました。
肌に優しくて刺激もないし、シャンプーやボディーシャンプーがいらないのでお風呂の時間をたくさん楽しめます。

1ヶ月の赤ちゃんの ママ

6ヶ月の赤ちゃんの パパ

子供とお風呂に入るときに、どうしても片手で支えながらシャンプーをするのが怖くて苦手でした。
でもベビタブの入浴剤があればシャンプー要らずなので、安心して一緒に入浴できます。
赤ちゃんのお世話で体が悲鳴をあげ、腕は腱鞘炎になってうまく動かなくて参っていました。
ベビタブの入浴剤を入れれば、一緒に入るだけでキレイになるので体がしんどくても入浴させてあげられます。

3ヶ月の赤ちゃんのママ

子供が新生児の時からベビタブを愛用していますが、体温が低かった当時に比べて平熱が上がりました。
おかげで風邪もひきづらくなり、子供と一緒に元気いっぱいです。



︎赤ちゃんの入浴剤「ベビタブ」のサイズ紹介と価格

それでは気になるベビタブの価格について、見ていきましょう。
ベビタブには3種類の容量タイプがあり、容量が大きいほどお買い得になります。

まずはお試し!12錠入り
12錠入りのサイズは4回の入浴ができるお試しサイズです。
そのため、まずはベビタブがどんなものなのか知りたいという人に向いています。
公式サイトからの金額は税抜1,200円です。

人気のサイズ!45錠入り
45錠入りは、15回の入浴ができるレギュラーサイズです。
多過ぎても使いきれるか心配だし、少な過ぎるのも物足りないという人にはピッタリ。
まずは半月、毎日ベビタブのお風呂に入ってみたいという人には最適になります。
公式サイトからの金額は税抜4,380円です。

かなりお買い得!100錠入り
エコパックに入った100錠入りは、毎日思いっきりベビタブのお風呂を楽しみたい人にオススメのサイズです。
値段も12錠入りと45錠入りに比べて、かなりお買い得なのがわかります。
45錠入りの倍以上入っているのに金額は2,000円ほどしか変わらないので、こちらを選びたくなりますね。
公式サイトからの金額は税抜6,480円です。

︎赤ちゃんと家族のための入浴剤「ベビタブ」のまとめ

赤ちゃんと一緒に健康的な重炭酸入浴法を実践できる入浴剤、ベビタブについてご紹介しました。

ベビタブは1回のお風呂につき3錠入れれば、炭酸泉の4倍もの重炭酸泉ができあがります。
さら湯に比べて残留塩素を取り除き、体のポカポカも長く続くのが特徴です。

ぬるいお湯に浸かるのが良いので、赤ちゃんでも楽しくお風呂に入れるのが嬉しい点ですね。
口コミも赤ちゃんと生まれたばかりの頃から入浴しているという意見が多く、リラックスできたり赤ちゃんの肌がなめらかになったり評判が良かったです

容量が大きいパックになるほど価格もお買い得になるので、ぜひ購入を考えている人はお得な大容量パックを検討してみてくださいね。

赤ちゃんと家族が楽しいお風呂を通して健康になって、美しい肌も維持できますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です